全身に現れる糖尿病の症状を知る方法



糖尿病の怖い合併症は、全身に現れます。
神経に糖尿病の症状が出始めると、治療をしない限り、
ほかの病気が進行すると考えておきましょう。
糖尿病患者全体を見ると、
合併症で死亡する人の割合が高いものとなっています。



糖尿病の症状を緩和し、合併症を招かないようにすることが、
治療では大切です。
ほかにも全身に出てくる症状には、精力減退や、
歯槽膿漏といったものがあります。
糖尿病の合併症は慢性的なものと急性的なものに分けることができ、
慢性的な病気には、高浸透圧性高血糖症候群や
糖尿病性昏睡といったものがあります。



抵抗力が低下し、ウイルスに感染しやすく、
風邪や膀胱炎なども起きやすくなります。
病気になった原因が糖尿病の場合には、糖尿病を治療しないと、
病気そのものを治すことが難しくなります。
糖尿病は定期的に健康診断を受けて、
すぐに対策が取れるようにしておくことと、
毎日の食生活に注意しておくことが重要です。


<糖尿病で怖い合併症とは? 血糖値が高いとなぜいけないのか?>

inserted by FC2 system